淡路本線

路線図と紹介

神戸新開地から淡路島を通り鳴門に至る100kmほどの路線です。この社の原点でもあります。

急行停車駅は、神戸新開地、長田、淡鉄舞子、松帆、岩屋、下田、塩尾、平安浦、洲本塩屋、中条徳原、八木、南あわじ、福良港、南淡路福良、鳴門北、鳴門、徳島空港口、松茂、徳島です。また快速急行停車駅は、神戸新開地、松帆、岩屋、洲本塩屋、福良港、鳴門、徳島空港口、松茂、徳島です。

海沿いを通るために景色も良く、途中通る福良港駅では旧本社ビル(現・福良支社)がよく見えます。

列車は、神戸新開地発、徳島発、福良港始発があり、朝夕のラッシュ時には福良港始発が運行されますがほかの時間帯は朝の一部を除いて神戸新開地・徳島始発のみとなります。

「急行Aライナー」は、淀川区営地下鉄(イサチカ)大野川線から、京神電鉄(弊社の子会社)大阪線を経由し、洲本塩屋まで運行される直通列車です。停車駅は、急行に準じます。

 

<沿線の特徴>

兵庫県神戸市兵庫区の神戸新開地駅を発車すると、須磨寺駅まで住宅街の中を走り抜ける。多数の乗り換えが有り、乗客が増えていく中、はりま下畑駅に向かい上り坂を上る。そして淡鉄舞子駅まで住宅街を走り、第二明石海峡大橋を渡る。淡路島に入ると、山を横目に見ながら、田畑や住宅の点在する田園風景が広がる。下田駅を過ぎると海も良く見えるようになり、志筑駅でいったん開ける。その後も、洲本塩屋や南あわじ等では開ける。福良港駅からは旧本社ビル(現・福良支社)がよく見える。第二鳴門大橋を渡ると、四国である。住宅街をS字に駆 け抜け、終着は徳島である。

方向幕

時刻表